こんにちは!愛神奈川県横浜市旭区の柏谷塗装です。弊社では外壁塗装や雨漏り修理、防水工事などを行っております。

このコラムコーナーでは、弊社が培ってきた知識や経験をもとにしたお役立ち情報や豆知識をご紹介しております。

さて、今回は外壁塗装の持つ効果について取り上げます。

外壁塗装について「色やデザインなど外観の変更をするもの」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。実は外壁塗装にはそのほかにもいろいろな効果があります。

今回はそこから代表的なものをご紹介しましょう。

防水効果を回復させる、向上させる


建物の外壁には元から特殊なコーティングがされており、雨を弾き浸水を防ぐ効果があります。

もちろん、ほかのいろいろな物質と同じく、そのコーティングも経年とともに劣化し、最後にはなくなってしまいます。

防水効果を長く持続させるには5~15年程度に一度の定期的なメンテナンスが必要ですが、あまり見た目の変わらない建物のメンテナンス時期を正確に把握している方は少ないのではないしょうか。

メンテンナンスが必要かを判断する1つの方法として、専門業者にご相談いただくことをおすすめいたします。


遮熱・断熱で寒さ・暑さから守る


塗料の代表的な効果の1つとして遮熱効果、断熱効果があります。四季が豊かな日本の気候の性質上、さまざまな暑さ、寒さに見舞われることがありますが、それらの効果が見込める塗料を使えば、そうした季節の変化も気楽に迎えることができます。


外壁塗装のことなら柏谷塗装にご相談を!


それぞれの建物の環境によってこうした効果を付加することが最適かどうかは変わってきます。例えば、同じ塗料であってもお客様のご要望や塗料の種類で工事の進め方が全く異なる場合もあるのです。もしも、外壁塗装のこうした効果にご興味がある場合は、ぜひ専門業者である柏谷塗装にご相談ください。

長年培ってきた専門業者としての豊富な知識と経験で、お客様のいろいろなニーズにご対応いたします。