こんにちは!愛神奈川県横浜市旭区の柏谷塗装です。弊社では外壁塗装や雨漏り修理、防水工事などを行っております。

このコラムコーナーでは、弊社が培ってきた知識や経験をもとにしたお役立ち情報や豆知識をご紹介しております。

さて、今回は格安といわれる外壁塗装の裏側についてご紹介いたします。格安といわれる業者の常套句を見ながら、その実態として多いケースを見ていきましょう。


オリジナル塗料だからここまで安くできました


弊社と他社様との共同開発!〇年の研究の結果、特別な塗料が完成しました!代表メーカーと比較してここまで安くできました!

日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研などの代表的なメーカーの塗料がよく使用されている塗装業界ですが、まれに営業訪問でこうしたオリジナル塗料をアピールされるケースがあります。

しかし、実態としてはこうした塗料が存在することは少なく、外壁塗装という分野に専門的な知識が多いことを逆手にとった営業トークである場合が多いです。

見分けるには、代表メーカーのものではないことや、長くても15年程度といわれる塗料の耐久年数を大きく越えて倍以上の数字をアピールされることが多いため、そうしたトーク内容で判断されるのも1つの方法です。



今ならモニター価格で〇〇円割引します


塗装関係の営業訪問では、期限つきで多額の割引を謳う方法も目立ちます。ありきたりともいえますが、突然の業者の訪問があったとき、ちょうど住宅の塗り替えを考えていたというお客様なら即決したくなる可能性もあるかもしれません。

しかし、まずは即決せず一度業者からの情報を持ち帰って熟慮してみることを強くおすすめいたします。

外壁塗装の見積もり額の実態は、施工費や材料費はもちろん、業者側の利益や営業訪問者の営業費(中間マージン)などの合計です。もちろん、多くの業者の場合はお客様のために可能な限り低価格でサービスをご提供すべく、この見積もり額を無理のないよう初の段階で苦心の上算出します。

その価格をいきなり安くできることは通常ではありえません。そのようなケースでは、もともと高額な価格設定を行っているか、費用削減のために俗にいう手抜き工事を行われる可能性があります。


極端な価格設定にはお気をつけください


今回は激安を謳う業者の特徴をご紹介いたしましたが、逆に平均よりも高額な価格を提示される可能性もあり得ます。

どちらの場合においても、まずは契約を保留し、お手間にはなりますが一度相見積もりをとってみるなど、ほかの業者とどのような対応の違いがあるのかをみてみることをおすすめいたします。

もちろん、営業訪問を行っていない別の塗装専門業者にその時の状況を一度ご相談してみることもおすすめいたします。柏谷塗装では、お客様にとって無理なご提案はせず、ご要望に合わせて必要な施工を選定し、「なぜそれが必要なのか」「なぜこの価格になるのか」などご納得いただけるご説明をしております。

もし、外壁塗装のことでお悩みでしたらお気軽にお問い合わせください。