こんにちは!愛神奈川県横浜市旭区の柏谷塗装です。 弊社では外壁塗装や雨漏り修理、防水工事などを行っております。

このコラムコーナーでは、弊社が培ってきた知識や経験をもとにしたお役立ち情報や豆知識 をご紹介しております。

さて、今回は外壁塗装の悪徳業者の見分け方についてご紹介いたします。 一般の方には専門知識が少ないため、そこにつけこんで訪問販売を行う業者がごくまれに存 在します。

今回はそうした業者の常套句を取り上げます。 このコラムが、適正価格で外壁塗装のサービスをご利用いただく手助けになれば幸いです。

こんなトークには要注意!


ふつうよりも耐久性のある塗料を使います ふつうよりも耐久性のある塗料を使います 長いもので15年程度の耐久性のある外壁塗装の塗料ですが、訪問業者が稀にさらに長い耐 久性を謳う場合があります。

そのとき例として出すのが25~30年程度という耐久年数、長いといわれる一般的な塗料の ほぼ倍といえる数字です。

こうした年数が出たときは塗料のメーカーを聞いてみましょう。
代表的な塗料メーカーには、日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研などがあります が、ほとんどのケースでは自社開発(あるいは別会社との共同開発)と説明されるはずで す。

そう説明する理由は、一般の方が情報源を追うのを難しくするためです。 こんな対応があった場合は、その塗料の存在自体を疑った方がよいかもしれません。


今ならモニター価格で〇〇円割引します 今ならモニター価格で〇〇円割引します 期限つきで多額の割引を謳う内容、古典的な方法といえますが突然の訪問業者にこのような ことをいわれると少なからず心が揺らいでしまうのではないでしょうか。

しかし、外壁塗装の見積もり額というのは施工費や材料費、業者側の利益などさまざまな要 素を計考慮し、お客様のために可能な限り低価格でサービスをご提供すべく、苦心の上算出 したものです。

その価格が急激に安くなることは通常ではありえません。 不自然な割引は、もともとの価格が極端に高額であるか、俗にいう手抜き工事が裏に潜んで いる可能性があります。


まずは即決しないこと!


悪徳業者が行う代表的なトーク例をご紹介しましたが、こうした業者はほかにもあの手この 手でさまざまな提案を行うものです。
こうしたときは、その場で契約することを迫られたとしてもまずは保留にして熟考してみる べきです。

もちろん、営業訪問を行っていない別の塗装専門業者に一度ご相談してみることもおすすめ いたします。 柏谷塗装では、お客様にとって無理なご提案はせず、ご要望に合わせて必要な施工を選定 し、「なぜそれが必要なのか」「なぜこの価格になるのか」などご納得いただけるご説明を しております。

もし、外壁塗装のことでお悩みでしたらお気軽にお問い合わせください。