こんにちは!愛神奈川県横浜市旭区の柏谷塗装です。 弊社では外壁塗装や雨漏り修理、防水工事などを行っております。

このコラムコーナーでは、弊社が培ってきた知識や経験をもとにしたお役立ち情報や豆知識 をご紹介しております。

さて、今回は外壁塗装の寿命についてです。

建物に彩りを与えたり、防水効果や断熱・遮熱効果をもたらしてくれたりなどと、その特性 はたいへん豊かですが、メンテナンス時期がわかりにくいのも事実です。

そこで、1つの判断材料となるのが各塗料の耐久年数です。 もし一度でも外壁塗装をしたことのあるお客様であれば、次のような各塗料のだいたいの耐 久年数と施工時の使用塗料を照らし合わせていただくことで、その外壁塗装のおおよその寿 命をしることができ、次はいつメンテナンスをすればよいかが見えてきます。


外壁塗装で使われる塗料の代表例


シリコン塗料
耐久年数は約10~15年と平均的で、よく使われるのがこのシリコン塗料です。 使われる機会の多さに相まって、そのバリエーションもいろいろあるため、シリコン塗料の 中でも少し耐久性の高いものをご選択いただくことも可能です。


ウレタン塗料
耐久年数は8~10年程度と、シリコン塗料よりも耐久年数が数年短くなってしまうのがこの ウレタン塗料です。 前述のシリコン塗料が普及する前には、外壁塗装の主流として使用されていました。 現在ではあまり使用されなくなっていますが、まだ外壁塗装を行っていない住宅では、最初 のコーティングとして残っているかもしれません。

フッ素塗
およそ15~20年の耐久年数を持つフッ素塗料は、シリコン塗料よりも耐久年数が長いこと が自慢ですが、費用面で高級になってしまうのがネックです。 ここぞという場所に使われるケースが多いため、使用機械が限定される例が多いです。

無機塗料
より高級な塗料としてフッ素塗料があります。 優れた耐久性は自慢ですが、価格はなんとシリコンの2倍程度と高額になってしまうのが特 徴です。

外壁塗装の寿命に関するご相談は柏谷塗装へ


いくつかの代表的な塗料をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 それなりに塗料の耐久年数というのは長く、かなり前の施工時期がいつ頃だったか判断がつ きにくい可能性もございます。

そんなときは、ぜひ弊社のような塗装専門業者にプロにご連絡ください。 その時々の状況に合わせて、本当にその場所に施工が必要かというところから、もし施工を させていただく場合はお客様のご要望を一から丁寧にお伺いし、ご予算に合わせた塗料や工 法をご提案いたします。

外壁塗装の費用に関する疑問がありましたらお見積もりから丁寧にお伺いいたしますので、 ぜひお気軽にご相談ください。