投稿日:2019年12月29日

塗装工事の仕事の流れをご紹介!

こんにちは!神奈川県横浜市の柏谷塗装です。
弊社は、横浜市旭区・泉区・瀬谷区などの神奈川県をはじめとした関東一円で塗装工事を承っています。

どんな仕事にも手順や流れなどがありますが、その道のプロでなければ、なかなか正確な仕事の流れはわからないものですよね。
そこで今回は、塗装工事の流れについてご説明します。

外壁塗装の流れ

1.足場設置・高圧洗浄

塗装工事の第一段階は、足場設置からはじまります。
経験豊富な塗装工事業者であれば、住宅密集地や狭小地などの立地条件に適した足場を設置することができるので安心です。
次に汚れやカビなどを一掃する目的で、高圧洗浄機によって外壁をきれいに洗います。
高圧洗浄機を使用すればいいというものではなく、丁寧に圧力を調整する必要があります。
そのため外壁を傷つけずにきれいに洗浄するには、一定の経験や技術が不可欠です。

2.養生

塗らない部分をカバーするために養生を行います。
このステップを丁寧にやらないと、窓やサッシに塗料がついてしまうことがあります。
一度ついてしまった塗料を落とすのは手間がかかりますし、全体の工程が長くなる原因になりかねません。
なんといってもお客様の大切な住宅をお預かりするわけですから、きちんとした養生を心がけてご満足いただけるように努めています。

3.下地補修・サビ止め

下地の補修やケレンと呼ばれる鉄部のサビ止めを行います。
この作業のときにひび割れなどをきっちりと補修して、サビ止めを行うわけですね。
こういうメンテナンスが住宅を長持ちさせることにつながります。
定期的な塗装工事をおすすめするのは、劣化を早期発見できるというメリットもあるからです。

4.塗装作業

下準備をきちんとして、やっと塗装作業に入ります。
といっても、1回塗れば完了というわけではありません。
基本的には下塗り・中塗り・上塗りの3段階で進めていきます。
1回目は下塗りという工程で、上塗りする塗料と外壁の密着度を高めるための接着剤の役割を担います。
2回目は中塗りという工程で、主剤と硬化剤を混ぜてつくる2液型の塗料を使用します。
耐久性と密着性に優れた2液型は、塗装のプロでなければ取り扱いが難しいとされていますが、長年培ってきた経験によって適切に調合します。
3回目の上塗りの工程では、中塗りと同じ塗料を使います。
この3回塗りにより、厚みがあって耐久性に富んだ塗装が実現するわけです。
一連の塗装作業を終えたら、塗り残しがないかを確認して終了となります。

5.養生剥がし・足場撤去

塗装が完了したら養生を丁寧に剥がして清掃を行います。
足場の撤去を慎重に行い、住宅回りをきちんと清掃します。

塗装工事なら柏谷塗装へ!

塗装工事なら弊社が承ります!
塗装業者として、横浜市泉区を含む多数のエリアで活動する弊社では、塗装のご依頼を積極的に請け負っております。
外壁・内壁の塗装工事のほか、防水工事なども行うことができますので、ぜひご依頼ください。
ご要望やご予算に応じたプランを提案させていただきます!
なお、弊社へのお問い合わせにつきましては、お電話や自社サイトの専用フォームより承っております。
まずはお問い合わせください。

【求人】新規スタッフ募集中!

柏谷塗装では、現在、建築塗装工事に携わってくださる人材を募集しています。
塗装工事は奥の深い仕事です。
塗装工として経験を積むことで、仕事の醍醐味を感じることができるようになります。
塗装工として一人前になれるまで、しっかりとサポートしますので、「塗装をやりたい!」という方はぜひご応募ください。
交通費支給や各種保険完備など、福利厚生面も充実しています。
お気軽に求人情報ページからご応募ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

柏谷塗装
〒245-0001 横浜市泉区池の谷3900
TEL:0800-000-3150 FAX:045-392-2321


料金・塗料詳細  お問い合わせ  Instagram